生徒会活動

大東学園高等学校 > 生徒の活動 > 生徒会活動

生徒会より

生徒会より

大東学園には、生徒・保護者・教職員の三者が対等な立場で話しあう『三者協議会』というものがあります。学校は私たち生徒にとって一日のほとんどを過ごす大切な場所です。だからこそ、少しでも“より良く”していくために、生徒会では、「授業」「規定」「施設・設備」の3つの項目で要求づくりをしています。そして、「こうしたい」という全校生徒の声を要求としてまとめ、議論の対象となるよう準備をすすめます。もちろん、全てが認められるわけではありません。継続的に議論されているものもあります。しかし、私たち一人ひとりが声を上げることで、学校をよりよいものへと変えていくことができるのです。大東学園は私たち生徒が主役の学校です。

「すべては生徒の手からはじまる」

今、こんなことやってます!

生徒会執行部が中心となり、「三者協議会」に向けて取り組んでいます。学園生活の規定や授業づくり、施設などについて、全校生徒の要求をまとめ、三者で話し合っていきます。またどんな小さなことでも、一人ひとりの生徒の声を大切にし、よりよい学園づくりをしていきたいと思っています。
行事では、三大イベントである体育祭・大東祭・送別会を中心に進めていきます。6月の体育祭は大成功!今は、10月の大東祭に向けて、実行委員会が動き出し、企画づくりなどが行われています。
また、昨年度の三者協議会で「制服のリニューアル」が決定し、三者による「制服プロジェクトチーム」も発足しました。

大東の生徒会のあゆみ

「すべては生徒の手から始まる!」 これが大東生徒会のスローガン!大東では生徒自身が動きださないと始まらない、そんな行事がたくさんある。生徒一人ひとりが声を出し協力し、学園づくりに参加している。だからといって無理じいしているわけではない。それぞれ自分ができる役割りに力を注いでいるといった感じがする。また、「三者協議会」では反省すべきは反省し意見もしっかりのべるといった風だ。みんなの「すごしやすい学園づくり」をしたいという気持ちがとても強く伝わってくる。
三者の協同で学校づくりがはじまっている大東学園。これからも生徒会の力に大きな期待ができるだろうと実感した。

三者協で実現してきたこと

1996年
生徒の意見を中心として新制服になる。
2002年
青シャツ(学校指定)、紺ハイソックス、セーターのワンポイント、茶・グレーのコートが許可される。女子のネクタイ、スラックスの許可。
2004年
授業に対するアンケート実施とその結果公表。
2006年
女子トイレの改装。
2007年
「楽しい授業の三原則」を提起。
2009年
体育祭の翌日が休日になる。
2012年
「2・3階トイレの洋式化」、「体育館昼休み開放」実現。
2013年
軽食販売機の設置。
2014年
4階トイレ利用開始、制服リニューアルの決定。
2015年
男女更衣室の冷暖房。
2016年
制服リニューアル。

生徒会室は熱い!

三者協にむけて生徒会は各委員会の委員長が集まる縮小中央委員会を開き学校に対する意見や要望を集めます。しっかり、じっくり話しあいを重ね、先生方や保護者の方に理解してもらえるようにします。

大東・生徒会主催の三大イベント

体育祭

体育祭

チームは朱雀、白虎、青龍、玄武の4つ。各チームごとのオリジナルの旗、Tシャツで盛り上がります。

体育祭

大東祭

毎年たくさんのお客さんを迎えるので、気合十分。催し物もいっぱいの大東祭は、生徒や参加者全員が主役です。

体育祭

送別会

三年生を送る送別会は、クラスや学年、部活などで取り組みます。

生徒の活動

生徒会活動
部活動 運動部
部活動 文化部
部の活動状況
行事と高校生活

MENU

MENU

  • サイトポリシー
  • 個人情報保護
  • サイトマップ
  • お知らせ
  • アクセスマップ
  • お問い合せ
  • 資料請求
  • 校内連絡
  • 緊急連絡