部の活動状況

大東学園高等学校 > 部の活動状況 > バスケットボール(男子)部 > 八丈高校戦――男子バスケットボール部新人戦報告

八丈高校戦――男子バスケットボール部新人戦報告

男子バスケットボール部は、10/20(日)に、新人戦第一回戦を、都立八丈高校を相手として行いました。

入りが重要となる第一クォーターは、なかなか大東の点数が決まらない状況で、最初の2ポイントに4分かける展開でした。スコアは、6-18。

盛り返したい第二クォーターですが、これも6-21と、総スコア12対39でハーフタイムを迎えます。八丈高校の高さとパワーを前に後手をふんでしまったといったところでしょう。それは、一試合を通してのこちらのオフェンスリバウンドが、7だったのに対して、八丈高校が19もとっていることから明らかでした。シュート成功率では、互角であっても、シュート数の差に出てきました。第二クォーターで、うちのセンター(7番)が相手選手との接触で出血し、ほとんど出場できなかった不運も重なりました。

 

このままずるずると点差を広げられていってしまうのではないか、そんな思いがよぎる中、第三クォーターは、10-12となんとかくらいつく展開。それでも第三クォーター終わって、スコアは22-51(八丈)。29点差の開き。

 

第4クォーターは、チームとしてもギャンブルに出ます。これまで以上に前からのプレスの強度をあげ、さらに相手チームのセンターが退場を嫌いファウルできない状況をうまく利用し、手当てを終え、戻って来たセンター(7番)がドライブからのシュートを3連続を決め、第4クォーターの2分で、相手にタイムアウトを取らせます。この時点で、33-54で、残る点差は、21点。

タイムアウト後も、力強い前からの当たりをやめないチーム、八丈も以前手出しができない形で、再度残り5分で、タイムアウトを八丈がとります。残る点差は、16点。

このまま奇跡を起こすのではないか、そんな期待を昂らせてくれる動きを、チームは見せてくれます。残り2分で、7点差、勝利が見えてきます。

しかし、そこから八丈が最後の粘りを見せ、最終的に49-60で、負けとなりました。

大東49-60八丈高校

第4クォーターのスコアは、27-9。本当に、ベンチのみならず観客席も白熱する展開。それだけに、大変悔しい敗戦となりました。

チームの中心選手が途中ケガでぬけるだけではなく、第四クォーターには、キャプテンが5ファールで退場になるなど、そうした面含めても、チームの課題が見えた一戦でした。

応援に来て頂いた皆様、ありがとうございました。今後もチームのサポートよろしくお願いいたします

 

2019.10.20 16:18 on

MENU

MENU

  • サイトポリシー
  • 個人情報保護
  • サイトマップ
  • お知らせ
  • アクセスマップ
  • お問い合せ
  • 資料請求
  • 校内連絡
  • 緊急連絡