部の活動状況

大東学園高等学校 > 部の活動状況

ユースリーグ第1節

2019シーズンがスタートしました。

我々は今シーズン、リーグ戦3部Cブロックで戦います。

公式サイトはこちら⇒http://www.gakugei-hs.info/~otanis/U-18_6/div3.html

IMG_3507
 

3月26日@府中の森 vs千歳丘高校(2-2)

前半立ち上がりこちらがリズムを作るも得点に至らず。相手の精度が高いコーナーキックから失点を許す。しかしこちらも慌てずゲームを進め、得点を返し、前半は1-1で折り返す。

 

IMG_3508
                                                                        (ハーフタイムで修正点を伝える菅山コーチ)

後半、お互い手を緩めずどちらも勝ちたい気持ちがぶつかり合う。しばらくこう着状態が続き、こちらのクリアミスから2得点目を相手に許す。しかしこちらも即座に得点を返すことに成功。この日はセンターバックを中心にポジティブにゲームを運ぶことができ、全員が集中できていた。リーグ戦第1節は勝ち点1を分け合った。

2019シーズンも応援よろしくお願いします。

                                                                                                     Daito Gakuen FC

2019.3.28 12:00 on

OB会

2月22日、サッカー部恒例のOB会が開かれました。

共学初年度から、沢山の卒業生が参加。顧問やコーチも一緒に汗を流しました。

IMG_1044  IMG_1041

IMG_1048  IMG_1040

IMG_1054  IMG_1057

IMG_1055  IMG_1033

IMG_1045  IMG_1050

ひたすらボールを追い続けた高校時代、自分たちの中で大切な思い出となっているはず。そして、世代を超えて繋がり、現役生も先輩たちの思いや、経験を感じ取ったはずです。

IMG_1032  IMG_1056

受け取った思いを胸に、気持ちを一新し、常にチャレンジ精神を忘れずに戦いに挑んでいってほしいと願っています。

IMG_1066

2019.3.6 17:08 on

フットサル大会参加

2019年1月27日(日)@フットサルコート品川

フットサル大会に参加しました。

結果は第4位!

IMG_3457
基本的にはサッカーと同じフットサル。しかし、コートサイズや人数、ボールの大きさの違いを始め、フットサル特有の攻守の切り替えの早さや足裏でボールを扱うテクニックに初めは戸惑う場面もありましたが、楽しむことができました。

DSC_0435
Daito Gakuen FC

DSC_0428
 

2019.1.28 05:45 on

しめくくり

色々なことがあった今年。

とにかくボールを追い続けた生徒たち。

自分たちにどんな力が付いたのか。

どのようにしめくくるのか?

今年最後の試合に挑みます。

お時間のある方、是非応援に来ていただけると生徒たちの力になります。

よろしくお願い致します。

・TM

12月24日(月)VS 和光高校 9:00kick 府中の森グランド

・ユースリーグ最終節

12月27日(木)VS 農大一校B 9:30kick

駒沢オリンピック公園総合運動場第一球技場

2018.12.22 10:07 on

「その先に」

8月23日(木) AM10:00 水元スポーツ公園サッカー場 晴天

大東学園サッカー部、これに勝てば都大会本戦出場となる運命の一戦。相手は都立葛飾野高校、部員100人を超えるチームだ。こちらは14人。人数は関係ないと思っていても、見ているだけで飲まれそうになる。気持ちを強く持って戦い抜くしかない。相手の方が格上なのはわかっている。だからと言って始まる前からあきらめる必要はない。臆することなく全力でぶつかろうと皆で確認をし、選手たちはピッチに出て行った。

IMG_1005 IMG_1006
 

IMG_1007 IMG_1009
 

IMG_1010
 

やはり相手は強豪校、こっちがまだ緊張した状態なのに対し、しっかりと気持ちを落ち着かせ冷静に攻め立ててくる。何とかしのいではいるが、危ない状況が続く。そして、試合になれる前に、前半7分あたり、早くもゴールをゆるしてしまった。選手たちも唖然とする。「やはり力の差なのか。いや、やれるはずだ、方法はある」などと私は考えていた矢先、あっという間に2点目が入ってしまう。そして3点目。流石だ。給水で戻ってきた選手は「足が速すぎる」と笑ってしなうほど。しかし、あきらめるわけにはいかない。三年生が気持ちを入れ大きな声を出してしめる。コーチ陣も気持ちを切らさないようにと声をあげる。そして、やっと試合にも慣れてきたのか、動きもよくなり、戦える状況になったころには時が遅すぎた。あっという間に前半が終了。0―4というスコアになっていた。

IMG_1017 IMG_1018
 

IMG_1020 IMG_1023
 

IMG_1024 IMG_1028
 

ハーフタイムで選手たちは口々に「強い」と漏らしていた。当たり前である。これは、予選の決勝戦。本選出場をかけて勝ち抜いてきたチームなのだから。そのひと握りしか立つことのできない場所に、今自分たちも立っている。そのことを忘れずに、後半全力でぶつかろうと全員約束をした。後半はやっと試合にも慣れ、気持ちも落ち着き、最後まであきらめることなく全力でサッカーを楽しんでいた。サッカーをできる喜び、このチームでできる喜び、このステージで戦えている喜び、強い相手と戦える喜び、たくさんの喜びがピッチを走り回る選手たちの顔から読み取ることができ、とても微笑ましかった。そして、ここまで連れてきてくれてありがとうと心から思えた後半だった。後半は0-1で試合終了。結果は0-5の完敗だった。

IMG_1025 IMG_1026
 

IMG_1027 IMG_1029
 

これで実質3年生は引退となる。三年間の部活動で得たものをこれからの人生に役立ててほしい。そして、自分の宝物としてほしいと願っている。1、2年生は、ここまで来た経験をしっかりと自分のものとして、これからの練習に励んでほしと思う。「その先に」見えているものはそれぞれまだ違っているかもしれない。しかし、そこへの行き方は皆バラバラでもよいと思う。最終的に行きつくところが、見ているものが同じであれば。さあ、選手たちは「その先に」何を見るのか、これから始まるサッカー部第二章乞うご期待!

IMG_1011

2018.8.31 19:09 on

MENU

MENU

  • サイトポリシー
  • 個人情報保護
  • サイトマップ
  • お知らせ
  • アクセスマップ
  • お問い合せ
  • 資料請求
  • 校内連絡
  • 緊急連絡