部の活動状況

大東学園高等学校 > 部の活動状況

新人戦1回戦

秋晴れの午後、桜修館高校のグランドにて、新たな船出となる新人戦一回戦が始まろうとしていた。相手は、格上の世田谷学園高校。色々と上手くいかないこともあったが、今までやってきたことを信じ良い緊張感を持って戦いに臨んだ。

IMG_1258
 

IMG_1262
 

立ち上がりこそ緊張によってかボールも落ち着かず、攻めたり攻められたりと冷や冷やしたが、優勢に試合を進めることができていた。そんな中、フリーキックのチャンス。前半25分あたり。何としても先取点が欲しいところ。ボールがこぼれてきたところに、副キャプテンが合わせ、先制に成功!!喜びを爆発させる選手たち。しかし、いつもの悪い癖を出さないよう、キャプテンを中心にしめなおす。何とか前半を持ちこたえ、1-0で後半に向かう。

IMG_1269
 

IMG_1259
 

IMG_1270
 

IMG_1271
 

IMG_1276
 

IMG_1278
 

監督、コーチから修正の指示を受け、後半に向かう。監督の中では、グランドコンディションや今の状態から、追加点は厳しい。この1点を守り切る戦い方に変更。しかし、絶対に受け身にはならないように声掛けをした。前半とは一転、攻められる時間帯が続く。何度もピンチがあったが、キーパーの好セーブ、一年生の必死のディフェンスにより何とかこの一点を守り切り、試合終了。1-0で勝利。後半は、本当に時間がたつのが遅く感じた。どうしてもいつもは集中力が途切れ、失点してしまう事が続いていたが、今回は守り向くことができたことは収穫になった。

IMG_1280
 

IMG_1281
 

IMG_1282
 

勝ち切れたことは、選手たちの自信になったはずだ。次も厳しい戦いになると思うが、今までやってきたことを信じ、戦う姿勢を忘れずに頑張ってほしいと思う。

IMG_1263
 

☆二回戦☆

11月24日(日)VS目黒日大高校

場所 → 桜修館高校 時間 → 11:30kick

是非応援に来てください。宜しくお願い致します。

2019.11.18 18:53 on

ユースリーグ最終節

長く続いたユースリーグもとうとう最後の一戦となった。一年で2部に上がると目標を決め、全力で戦ってきた。今までの総決算としての一戦、この一年で築いてきたものを全て出す気持ちでキックオフの笛を待った。

IMG_1225(桜2)  IMG_1229(桜4)
真っ白なユニフォーム。中々かっこよく決まっている。キャプテンを中心に気合を入れ、最初から良い集中力で入っていった。先取点をまずとること。エンジン全開で相手ゴールへ向かい攻め続ける。しかし、毎回のように言ってしまうが、本当に決定力が課題。何本もフリーのチャンスも決めきれず…サッカーゴールの後ろにある、ラグビーのゴールにはよく入っている。競技を間違っているかのごとく外しまくりじれったい時間が続く。前半30分も過ぎ、もう前半は同点かと思っていたが何とかようやく一点。このあたりからは自分たちのストロングポイントである走れることが実を結び、前半を3―0で折り返す。

IMG_1231(桜6)  IMG_1232(桜7)
IMG_1233(桜8)  IMG_1235(桜10)
後半に入ってもとにかく前へ前へ攻め続ける。いつも言っているリーグ戦の戦い方。得失点のことも考え戦い続けた。が、これも課題。どっかで安心が出てしまう。一瞬の隙をつかれ失点。どうしても90分を通して集中することができない。失点したことで目が覚め、集中し始める。失点からではなく、ピッチの中にいる選手たち自身で声を掛け合い集中できるようにならないと、これからの戦いは勝ち切ることは難しくなるだろう。その後は集中力も戻り、体力と負けん気を見せ、結果は7-1で勝利することができた。勝ち点3を取ることで最低限の終わり方はできたと思う。

5勝2敗1分。この結果で来年度は何部になるかが決まっていく。楽しみに待っていようと思う。

そして、次なる戦いは新人戦。去年は苦い経験をし、そこから頑張ってきたことを見せる場となる。一つでも多く勝って流れを作っていきたい。

IMG_1226(桜3)
★新人戦1回戦★

11月17日(日)VS世田谷学園高校 

会場 → 桜修館高校 13:30 kick

是非見に来て頂きたいと思っています。応援宜しくお願い致します。

2019.11.7 16:19 on

ユースリーグ

10月22日(火)今年だけの祝日。天候は大雨…コンディションはよくないが、駒沢第二球技場でサッカーができることはめったにないこと。取ってくれた相手校に感謝をし、試合開始を待つ。

IMG_1214(三田)IMG_1213(三田)
 

 

 

 

 

 

前の練習試合は、よくない負け方をして反省することばかりだった。そこからのユースリーグ。気持ちを立て直し、気持ちを入れなおしてこの一試合に臨んでほしいと、指導者たちは切に願い、キックオフ。

IMG_1219(三田)IMG_1217(三田)
 

 

 

 

 

 

 

選手たちも同じ思いで臨んでいった。声も出し、キャプテン、副キャプテンがしめて試合を優位に進めていく。先取点、2点目とセットプレーからの得点。しかし、なぜ毎回同じことを繰り返すのか…得点してすぐの失点をしてしまい、2-1。簡単に崩されてしまった。毎度の課題はやはりまだまだ。練習しかない。しかし、今は、勝ちにこだわり、得点していくしかない。攻めに攻め続け、逆に危ないシーンもあったが、前半を5-1で折り返す。

IMG_1221(三田)IMG_1222(三田)
 

 

 

 

 

 

 

スコアは勝ってはいるが、これはリーグ戦。得失点のことも考え、後半も攻め続けることを確認して後半開始。前半はこちらの方が元気に進めていたが、逆に後半は初めから相手チームペース。我慢の時間が続いたが、何とか突破口を見つけ、追加点に成功。そしてホイッスル。結果は7-1で勝利することができた。新人戦に向けて課題が多く見えた試合にはなったが、一つ一つクリアしていくしかない。そしてユースリーグも残り一試合となった。しっかり最後も勝ち切ってよい流れを作り、新人戦に挑んでいきたい。

☆ユースリーグ最終節

11月3日(日)VS 桜美林高校 11:00kick

場所 → 桜美林高校グランド

是非応援に来てください。宜しくお願い致します。

2019.10.25 17:38 on

八丈高校戦――男子バスケットボール部新人戦報告

男子バスケットボール部は、10/20(日)に、新人戦第一回戦を、都立八丈高校を相手として行いました。

入りが重要となる第一クォーターは、なかなか大東の点数が決まらない状況で、最初の2ポイントに4分かける展開でした。スコアは、6-18。

盛り返したい第二クォーターですが、これも6-21と、総スコア12対39でハーフタイムを迎えます。八丈高校の高さとパワーを前に後手をふんでしまったといったところでしょう。それは、一試合を通してのこちらのオフェンスリバウンドが、7だったのに対して、八丈高校が19もとっていることから明らかでした。シュート成功率では、互角であっても、シュート数の差に出てきました。第二クォーターで、うちのセンター(7番)が相手選手との接触で出血し、ほとんど出場できなかった不運も重なりました。

 

このままずるずると点差を広げられていってしまうのではないか、そんな思いがよぎる中、第三クォーターは、10-12となんとかくらいつく展開。それでも第三クォーター終わって、スコアは22-51(八丈)。29点差の開き。

 

第4クォーターは、チームとしてもギャンブルに出ます。これまで以上に前からのプレスの強度をあげ、さらに相手チームのセンターが退場を嫌いファウルできない状況をうまく利用し、手当てを終え、戻って来たセンター(7番)がドライブからのシュートを3連続を決め、第4クォーターの2分で、相手にタイムアウトを取らせます。この時点で、33-54で、残る点差は、21点。

タイムアウト後も、力強い前からの当たりをやめないチーム、八丈も以前手出しができない形で、再度残り5分で、タイムアウトを八丈がとります。残る点差は、16点。

このまま奇跡を起こすのではないか、そんな期待を昂らせてくれる動きを、チームは見せてくれます。残り2分で、7点差、勝利が見えてきます。

しかし、そこから八丈が最後の粘りを見せ、最終的に49-60で、負けとなりました。

大東49-60八丈高校

第4クォーターのスコアは、27-9。本当に、ベンチのみならず観客席も白熱する展開。それだけに、大変悔しい敗戦となりました。

チームの中心選手が途中ケガでぬけるだけではなく、第四クォーターには、キャプテンが5ファールで退場になるなど、そうした面含めても、チームの課題が見えた一戦でした。

応援に来て頂いた皆様、ありがとうございました。今後もチームのサポートよろしくお願いいたします

 

2019.10.20 16:18 on

新人戦日程――男子バスケットボール部

文化祭を挟み、10/12(土)に予定していた練習試合も台風でキャンセルせざるをえなくなるなど、なかなか予定通りの練習をこなせないチームですが、10/14(月)には成城学園高校と練習試合を行うなど、今週末の新人戦に向けて、チームは一丸となっています。

 

新人戦は、以下の日程・場所で行われます。

予定時間:13:30-

対戦相手:都立八丈高校

会場:都立小山台高校

 

一応、13:30が予定の試合開始時刻ですが、前の試合の状況によって前後する場合があります。また、オートバイ、自動車での来校は禁じられています。会場の体育館では土足厳禁になっているので、室内履きをご用意してください。

 

この試合に勝つと、シード校の駒澤大学高校と勝ち上がりチーム(都立芝商業高校と文教大附属高校の勝利チーム)の試合に勝利したチームと大東はあたります。

日程は、11/3(日)に芝高校で12時開始の試合となります。

ぜひ会場にかけつけ、チームの勝利につながるよう応援していただけたらと思います。

 

 

 

2019.10.15 17:45 on

MENU

MENU

  • サイトポリシー
  • 個人情報保護
  • サイトマップ
  • お知らせ
  • アクセスマップ
  • お問い合せ
  • 資料請求
  • 校内連絡
  • 緊急連絡