三者協議会

大東学園高等学校 > 学園の教育 > 三者協議会

大東の『三者協議会』って、何!?

これは生徒会執行部がまとめた報告「一体ゼンタイ、三者協議会って何っ!?ナゼ出来た?~三者から話を聞いて学ぼう!」の一部分です。

1まず 生徒の立場から

私が執行委員になったころ、二者協議会で『生徒心得』に関する要求をしても議論はするけれど、その先には思うように進んでいかない。そこで、保護者も一緒に三者での学校づくりを要求した。保護者の視点からの意見も加わり、会議の雰囲気も変わってきた。それまでの辛い気持ちや不安が少しずつ解消していった。
今の重要な課題は、自分たちが中心になってやらなくちゃいけない授業だ。じゃあ、そのルールを作ろう。集団生活のルール!また、共学になって出てくる不安も、同時に三者で改善していこう。これがスタートだった。そして制服などの要求も通してきた。
できて間もない三者協議会だが、自分たちで学校をつくっていけるという事を、すごいことなんだと思って大切にしていってほしい!

2次に 保護者の立場から

五年前から三者協議会に携わってきた役員さんに話を聞いた!
入学して学年学級運営部の委員になった時、生徒が、保護者にお願いがあるとやって来た。『私たちの味方になってほしい。私たちの要求が正しいと思うなら応援してほしいんだ。先生たちは、私たちの要求をなかなか認めてくれない!』ということだった。
それから三者で活動してきて、ある研究会に行った時、別の学校の人から、「生徒会なんてダサイ仕事しているの?」と聞かれ、大東の生徒は、「いいえ。ダサイなんて思っていません。学校をもっと良くしたいから三者で活動していきたいんです!」と立派に答えたことを覚えている。
今の状況を見ると、本当に変わってきたなと思う。五年でよくここまでこれたな・・・と夢のようだ。

3最後に 教職員の立場から

二者の協議会や懇談会は以前からあったが、2000年に三者の懇談会が行われ、授業や日常生活について話し合った。さらに、二者懇談会の規約もつくられ、三者協議会に向けての動きも本格化した。そして、三者が他校の見学など実践を学び合えたことも大きい。また、懇談会などの地道な積み重ねが大きな役割を果たした。この運動は民主主義の実践でもあり、積み重ねていく努力が大きな鍵となる。そのためにも、基礎単位であるクラスのリーダー会議がどの程度できるのか、今後が楽しみだ。保護者にも同じ課題がある。東和会とも二者協議会や懇談会をやっていきたい。

と、いう訳で

(2003年から正式に『三者協議会』が動き出したのです。)教職員側は何年にもわたって、運営委員会や職員会議で議論を続けてきました。そして、生徒集団が見せる力の大きさにあらためて学ばされています。

三者協議会の活動

三者で取り組む「授業づくり」

2004年度から全校あげて全ての必修科目の授業について生徒による授業評価と生徒自身の自己評価アンケートが行われていました。このアンケートは教員主体で行われてきましたが、アンケートに生徒の考えも反映できるようにと、2014年度に生徒と一緒にアンケートを作成することを確認し、授業プロジェクトを立ち上げました。そして、2015年度に共同で作成した授業アンケートを実施しました。
 アンケートの中身は、5科目に絞り、先生に向けての問5つと自分自身に向ける問5つで行いました。その結果を三者懇談会で話し合い、そこで出た意見を、「授業づくり」と「ルールを守る自覚」の2つに分けました。更にそれらの意見を生徒、教職員、保護者がそれぞれ誰に向けた意見かを整理し「3×3の表」を作成しました。
アンケート結果や懇談の意見から、禁止されている「授業中の携帯電話使用」の問題が明らかになり、実際に使用している生徒の声を聞きたいということになりました。そこで生徒会はスマホ実態調査アンケートを実施し、三者協議会の中でこの調査結果の報告と実際に使用している生徒の声、使用していない生徒の声などを聴き、懇談しました。
これらの話し合いの中で、「授業づくり」のポイントでも「ルールを守る自覚」のポイントでも生徒から生徒へ出た意見の中に「何のために学校に来ているのか、学校に来て何を学ぶのか」という意見が重なって出てきました。そこでこの共通の意見である「なぜ学ぶのか」を考えていくことが大切なのではないかという話が生徒会執行部から出ました。生徒会執行部は、教員に対して要求するだけでは、授業改善は豊かにならないと考え「なぜ学ぶのか」を生徒一人ひとりが考えることで授業に取り組む姿勢が変わり、授業改善に向かうと考えました。
2016年度からは、「なぜ学ぶのか」をテーマに生徒、保護者、教職員で話し合いを行っています。これまで数学、英語、国語の学ぶ意味について懇談を行いました。また、生徒同士で授業について本音で語る「ダイトーーク!」を4回実施してきました。これらの話し合いを進め、授業アンケートを作成し、全校に広げながら、三者で授業づくりを行っています。

「授業アンケート」方法

三者で取り組む学校づくり

生徒会会長 篠原 幸乃

自分たちが主役の学校 自分たちの声で学校が変わっていきます!

生徒会会長 篠原 幸乃

私の中学校では、生徒が学校づくりをしていくことはありませんでした。
大東学園には、生徒・保護者・教職員の三者で話し合う「三者協議会」があります。つまり、大東学園では生徒の声で学校をつくっていくことができるのです。
学校づくりをしていくためには、全校生徒にアンケートをとったり、クラスで話し合いをして意見を集約し、要求をつくっていきます。
昨年は以下の点が実現しました。

身だしなみ規定について
・整髪料の使用許可
施設・設備について
・1階教室の網戸の設置
・教室の黒板の張り替え

また、授業づくりについては三者それぞれに向けた意見をまとめました。
現在、生徒会執行部では「なぜ学ぶのか」をテーマにして三者で授業づくりに取り組んでいます。
みなさん、三者で話し合う「三者協議会」をぜひ見に来てください。


東和会会長 日向 祐子

保護者にとっても“学ぶ”機会!

東和会会長 日向 祐子

「三者協議会」って何?
そう思った方は、ぜひ会場に来て、見て、聞いてください。
子どもたちや先生方、保護者が真剣に課題解決に向けて取り組み、話し合う、そんな様子に直接接すると、わかっていただけると思います。保護者は、わが子の親という立場だけでなく、「大東学園で学ぶ全ての子どもたち」の保護者としての立場で生徒や先生方を捉え、三者協議会に臨むことが求められています。
また、この協議会を通して、高校生たちの様子や家庭では見せないわが子の一面も知ることができ、親である私たち自身も成長していくきっかけにもなっていると思います。
子どもたちや先生方と共に「三者でつくる学校」を実現する役割を担っていることを自覚し、今年度も三者協議会に臨みます。

校長 原   健

「人間の尊厳を大切にする」、
開かれた学校を目指して

校長 原 健

「人間の尊厳を大切にする」そのためには、お互いを大切にし理解しあうこと、人と人が「つながる」ことが大事です。大東学園は人と人がつながることを通して、お互いを理解し成長すること、人格の完成を目指しています。
大東学園は、生徒を中心としながら、保護者・教職員の三者が「学校」という場所で「つながり」、三者の協同の取り組みによる学校づくりを行っています。授業のこと、学校の規定や施設設備の改善など、学校に関わる全てのことが議題になります。
私たち教職員も、それぞれの立場を理解し尊重しながら、生徒たちの本音にきちんと応えることができるように、職員会議や事務局会議などでしっかりと話しあいをしています。
三者と共に学校全体が成長し進化し続けることができると言っても過言ではないでしょう。
「あなたの中の学校が変わる」、開かれた学校としての大東学園を、ぜひ見ていただきたいと思います。

タイムスケジュール

9:00~
受付開始
9:30
協議会開始
12:30
協議会終了予定

※上履きは持参しなくてもかまいません。

学園の教育

本校の教育の特色
三者協議会
校長通信
応援しています
公開研究会

MENU

MENU

  • サイトポリシー
  • 個人情報保護
  • サイトマップ
  • お知らせ
  • アクセスマップ
  • お問い合せ
  • 資料請求
  • 校内連絡
  • 緊急連絡