校長通信

大東学園高等学校 > 校長通信

大東生になったら「あなたの中の学校がかわります」

2019.12.5 朝日新聞で「三者協議会」が取り上げられました

大東学園の「三者協議会」は生徒・保護者・教職員が対等な立場で、様々な学校のことについて話し合う仕組みです。学校の施設や設備のこと、授業のこと、学園生活のルールやマナー…世間で言ういわゆる「校則」についても話し合っています。最近、世の中では「ブラック校則」が話題に上ることが多くなっています。そんな中、大東学園の「三者協議会」は「校則」についても生徒・保護者・教職員で話し合い、変えたり無くしたりできるしくみとして多くのメディアから注目を集めています。8月の末にはフジテレビ、朝の「めざましテレビ」で、また10月にはNHK Eテレの「#ジューダイ」という番組で取り上げられました。11月23日(土)に大東学園の公開研究会として行われた第30回「三者協議会」が朝日新聞の取材を受け、今回の記事になりました。

大東学園の「三者協議会」は今年で17年目の歴史ある取り組みです。学校生活のルールやマナーだけでなく学校生活の中心である「授業」をはじめとして、大東学園全体をよりよくしていく取り組みです。中学生のみなさん、保護者のみなさん、ご縁があって大東学園に入学されたら、ぜひ三者の一員としてより良い大東学園づくりに力を貸してください。お待ちしています。

3B689A69-3928-4D52-9387-7BE076129F45

 

 

2019.12.5 10:01 on 校長通信

MENU

MENU

  • サイトポリシー
  • 個人情報保護
  • サイトマップ
  • お知らせ
  • アクセスマップ
  • お問い合せ
  • 資料請求
  • 校内連絡
  • 緊急連絡