校長通信

大東学園高等学校 > 校長通信

大東生になったら「あなたの中の学校がかわります」

2017年9月1日 2学期始業式

みなさん、おはようございます.

約40日間の夏休みが終了しました。普段できない多くの経験ができたのではないでしょうか。通常の学校の授業ではできない勉強をする、部活動に力を入れる、アルバイトに集中する、3年生は進路の取り組み、就職活動やオープンキャンパス、AO入試のためのエントリーシートの作成…などなど。通常の学校生活とは違った経験が、きっと皆さんの力になっていることと期待しています。

~9月1日『防災の日』のこと~ 

今から94年前、1923年(大正12)9月1日に発生した関東大震災にちなんで、毎年9月1日は『防災の日』です。

関東大震災では死者・行方不明者10万5000余り、家屋の全壊10万9000、焼失21万2000という未曾有(みぞう)の大災害となりました。被害総額は当時の国家予算の1年4カ月分と言われています。地震の発生時刻が昼時と重なり、昼食準備の火元が当時の木造家屋の火災の原因となり、また当日関東地方に吹いていた北東からの強風にも煽(あお)られ火災による被害をひろげました。関東大震災の被害者の特徴は、その多くが火災による焼死であったといわれています。2011年3月11日の東日本大震災や2016年4月16日の熊本地震はみなさんの記憶にも新しいと思います。

私たち教職員は8月25日に成城消防署の方に学校に来ていただき、防災の学習会を行いました。今後大きな震災が起きた場合に、この大東学園周辺がどのような状況になることが予想されるか、どのような備えが必要かを学びました。

普段、大東学園には生徒・教職員合わせて1000人以上が校内にいます。いざ、震災となった場合に校内にとどまるのが良いのか、グランドに避難するのが適切か、その時の状況で判断することになります。大切なことは、まずは「落ち着いて」さらに「すみやかに」そして「周囲への思いやり」を忘れずに行動するということです。今日は「避難訓練」が予定されています。年に2回の訓練ですが、大切に取り組みたいと思います。

~2学期 大東祭 に期待します~ 

今年度の大東祭は9月末が初日ということになり、生徒のみなさんは準備期間が短く大変だと思います。夏休みにも登校し準備をしているクラス、当日のステージに向けて練習を重ねる部活、団体など、大東祭に向けての取り組みが見られました。大東祭には保護者のみなさんはもちろん、みなさんが招待したお客様、地域の方々、大東学園に興味を持ってくれる中学生など、たくさんの方々が来校してくださいます。普段の生徒・保護者・教職員の三者のつながりからもっと広く社会とつながり、大東学園の文化を発信する機会となります。

今年度の「Best Memory~君の青春にレボリューション~」というテーマどおりに、みなさんの青春の最高の思い出となるような大東祭となること、期待しています。

2017.9.4 14:58 on 校長通信

MENU

MENU

  • サイトポリシー
  • 個人情報保護
  • サイトマップ
  • お知らせ
  • アクセスマップ
  • お問い合せ
  • 資料請求
  • 校内連絡
  • 緊急連絡