校長通信

大東学園高等学校 > 校長通信 > 2018.12.21 2学期 終業式

2018.12.21 2学期 終業式

~11月23日『三者協議会』のこと~

11月23日の勤労感謝の日、祝日を利用して今年度の三者協議会が開かれました。参加は生徒が64名、保護者が43名、教職員35名、その他外部からのお客様が62名(名古屋や札幌の高校からの先生や高校生、首都大学東京の大学生の皆さんなど…大東学園の三者協議会は全国からも注目されています。)全体で200名以上の参加がありました。

はじめに「授業づくり」の取り組みについて各学年から代表委員会中心に報告がありました。トップは第2学年から。学年で生徒たちからとった授業に関するアンケートから「問題行動報告用紙」をテーマに「二者懇談会」を開き、出される基準や意義や目的について豊かな交流ができたようです。二者懇の感想には「話したりない。月1で話し合いたい」というのもありました。一度だけでなく継続していくことが大切ですね。

次は第1学年から。10月に行われた「二者懇談会」の話し合いの結果から「自分たち生徒に関して」と「先生たちに関して」のアンケートを学年で実施し、アンケート結果から「先生たちへの要求」と「今後の自分たちに取り組み」にまとめて報告がされました。話し合いやアンケート、結果のまとめと基本的な方法ですが実にきっちりと取り組みが積み上げられていて感心しました。

最後は第3学年。3年生は3年生にしかできないことで、大東学園での3年間の学びを振り返るアンケートを実施し、その分析結果が報告されました。最後のまとめが学校への要望と後輩たちへのアドバイスとなっており「さすが3年生」というものでした。アンケートの実施もGoogleフォームを使用したwebアンケートで集計なども省力化できたはずです。今後の後輩たちの取り組みにも大いに参考になったでしょう。

続いて二つの生徒会からの要求について協議が行われました。一つ目は女子用トイレへの新しいサニタリーボックスの設置について。生徒会からの報告はよく調査と検討がされていて、要望が実現することとなり、当面は今まで試験的に設置していた個所に常設することとしました。

二つ目は教室への加湿器の設置についてでした。感染症予防の効果を期待してのことですが、各教室の湿度の検査結果をもとに検討し、導入は見送りとなりました。感染症予防のために教室の換気を心がけることが呼びかけられました。

最後に教職員側から「携帯電話の使用について」と「飲食時間について」の規定変更の提起がありましたが、時間切れとなり次回以降へ持ち越されることとなりました。

今回の三者協議会は生徒会執行委員会、各学年代表委員会、クラスの運営委員などのみなさんのきちんとステップを踏んだ「意見集約とまとめ」の取り組みが光っていました。今後のより良い学校づくりに課題を提起するものになりました。

 

IMG_1234

第2学年の沖縄修学旅行での「読谷村民泊」10周年を記念して読谷村民泊協会からいただいたシーサーです。

 

 

2018.12.21 10:23 on 校長通信

MENU

MENU

  • サイトポリシー
  • 個人情報保護
  • サイトマップ
  • お知らせ
  • アクセスマップ
  • お問い合せ
  • 資料請求
  • 校内連絡
  • 緊急連絡