校長通信

大東学園高等学校 > 校長通信 > 2019.3.22 3学期 終業式

2019.3.22 3学期 終業式

8年目の『3.11を忘れない』千歳船橋駅前イベント

3月10日の日曜日に千歳船橋の駅前広場を舞台に『3.11を忘れない』というイベントが開催されました。8年前の東日本大震災後、毎年この時期に開かれているイベントです。被災地ではまだまだ多くの方々が不自由な避難生活を強いられ、心の傷のいえない多くの被災者がいます。しかし被災地とそれ以外の地域では時間の流れにギャップがあるのか、東京に住んでいる私たちの記憶からはだんだんと薄れがちではないでしょうか。そう考えたとき、今年もこのイベントが開かれることの大切さを感じます。毎年続けていくことは大変なご苦労もあると思いますが、主催されている千歳船橋町会の強い思いを感じます。

大東学園の吹奏楽部とコーラス部は昨年までこのイベントに毎回出演させていただいています。今年は吹奏楽部が都立世田谷泉高校、桜町高校、戸山高校との4校合同での演奏を披露させていただきました。地域の大切なイベントに大東学園の生徒たちが協力させていただいていること、うれしいなと思います。

他にもみなさんが通学で利用する八幡山駅のある八幡山町会や千歳船橋駅のある船橋町会主催のお祭りやイベントに多くの大東生が参加させていただいています。「青葉まつり」「ふれあいまつり」「蘆花まつり」「船橋ティーンズフェスティバル」やこの後行われる「アップスフェス」などに生徒会の和太鼓やコーラス部、ボーイズヒップホップ部、Kpop部、ダンス部などが出演しています。また、環境委員会の校外美化活動なども地域とのつながりといえるでしょう。

『地域アンケート』の結果から

大東学園では毎年地域の方々を対象にアンケートを実施しています。昨年末にも今年度のアンケートを実施しました。記述式で回答をいただいたものを少し抜粋して紹介します。

「学生さんたちが元気にあいさつしてくれて、とても好印象でした。」「地域のボランティアに大東生が協力してくれて頼もしく思っています。」「地域のイベントで大東生のコーラスを聞きました。素敵なハーモニーでしたよ。」「登下校のマナーも以前と比べてだんだん良くなってきていますよ。」などなど、うれしいご意見も寄せられてホッとします…。

一方で、まだまだ「横に広がって歩いていて迷惑です。」「コンビニで買ったものを食べ歩いていて行儀が悪い。」などに加えて「食べたものの包み紙、ごみのポイ捨て」など、ちょっと信じられないような迷惑行為についても複数の声が寄せられています。

また、学校は様々な活動の中でいろいろな音が発生してしまいます。それが地域の方々からすると大変迷惑な「騒音」となることも多々あり、実際にご迷惑をかけ、苦情をいただくこともあります。

大東学園の教育目標「人間の尊厳を大切にする」は、自分を大切にし、他者も大切にすること…それは自分も他者もお互いに理解しあい、お互いの立場を尊重しあうことから生まれる良い関係です。

前述のように、生徒のみなさんの多くが登下校で利用する八幡山と千歳船橋の地域では、お祭りやイベントなどに多くの大東学園の生徒を受け入れてくださっています。また、ボランティアや実習の機会もいただくことで活動と成長の機会となっています。この地域の中に存在し、活かしていただいている大東学園です。今まで以上に良い関係を築き、よい地域づくりの一員となっていくにはどうしたらよいのでしょうか。みなさんで考え、実行していく2019年度にしていきたいものですね。

2019.3.22 14:56 on 校長通信

MENU

MENU

  • サイトポリシー
  • 個人情報保護
  • サイトマップ
  • お知らせ
  • アクセスマップ
  • お問い合せ
  • 資料請求
  • 校内連絡
  • 緊急連絡